米倉涼子・大門先生の恋愛相手は岡田将生?「私、失敗できないので」視聴率女王・独立後に挑む新境地。

米倉涼子、ドラマ、結婚、失敗

米倉涼子さん『ドクターX』は、「私、失敗しないので」というスカッと痛快なセリフでお馴染みですが、今作では、少し違う一面『恋愛』が見られるのでは?と話題になっています。お相手が気になるとともに、高視聴率への期待とプレッシャー、米倉涼子さんの事務所独立、米倉涼子さんの本来の姿が浮き彫りとなる、今作の魅力をお伝えしていきます。

テレ朝の期待を背負い「私、失敗できないので」

視聴率女王へのプレッシャー

2021年秋クールの新ドラマが続々とスタートしています。

そんななか、テレ朝では「あらゆる年齢層の皆様に楽しんで頂ける番組で臨む」と意気込み、「最強の布陣」で視聴率奪取に挑んでいます。

キャストに、岸部一徳さん、西田敏行さんら定番の大ものメンバーに加え、米倉さんの敵役に狂言師の野村萬斎さんと超豪華です。
しかも、病院施設や医療機器セットと、予算のかかるシーンが見どころとなっており、主演・大門未知子を演じる米倉涼子さんは、相当プレッシャーを感じていることでしょう。

米倉涼子、失敗、結婚、ドラマ

違った一面を見せるのか?!

ただ、今回の大門未知子は、今までとはひと味違う一面を見せてくれるかもと期待があります。
テレ朝局員によると

疲れで目がかすんだり躓きやすくなったりと、前作までの完璧な美女医という役どころとは少し変わった、年齢を感じさせる演出がある、とか 
・米倉涼子さんからの提案で、ドラマの長期化に併せて大門も歳を重ねているように見せたい、とのことです。

2012年に始まった『ドクターX』から約10年。
思えば、米倉涼子さんも46歳
一般的には、老眼、白髪、更年期と向き合う年齢でもあります。
ファンとしては、老いを感じられる、というより、完璧なだけではない進化系の米倉涼子さんの一面を期待したいところです。

米倉涼子 結婚 失敗 ドラマ

新大門像から、色恋絡みもありか?

米倉涼子 ドクターx 大門先生

これまで大門未知子は、組織を嫌う一匹狼、孤高の外科医でした。
岸一徳さん演じるアキラさんとのやりとりなどでは、心を許し、ちょっと抜けてる部分も垣間見えますが、あくまでもミニエピソードとして描かれています。

これまでどおり、米倉涼子さんが組織に巣食う権力側の人と実力で争っているところ見たいという気持ちはありますが、ほろっと色恋匂わす、そんなシーンも見ていたいとファンは贅沢にも思ってしまいます。

先日、 『ドクターX』の脚本を手掛ける中園ミホさんが「これまでは大門未知子先生の恋愛をあまり描いたことがなかったんですけど、今回は初めてちょっとその要素も描こうと思っています」 と、恋愛が描かれることを明らかにしました。
お相手は、明かしませんでしたが、期待が高まるところです。

これまでの出演者への思いが恋愛に変わるということも考えられますが、今回第1話に登場する、岡田将生さんが演じる呼吸器外科医・一木さんではないか、と一部で噂されています。
番宣では、岡田将生さんは、アフリカの貧困地域で医療活動に従事するも、猛威を振るう感染症を前に、己の無力さを痛感し、不安や葛藤であふれてしまう役を演じるとのことです。一木が大門未知子と出会うことで、どう変わっていくかというドラマチックな物語が予想されますが、人生の迷いに先輩として接すると同時に、大門未知子の母性本能がほんの少し発動し、ほのかに色恋展開匂わせという展開も期待したいところです。

男選びと結婚で「私、失敗しちゃいました」

米倉涼子 結婚 ドラマ 失敗

女優業は完璧「私、失敗しないので」

『ドクターX』の人気は、大門未知子は、女優・米倉涼子さんの人気を不動にしました。
米倉涼子さんが演じる外科医・大門未知子さんの決めセリフ「私、失敗しないので」は、もはや米倉涼子さんの代名詞といえます。

そんな米倉涼子さんは、女優として、まさに「失敗しない女」です。
『ドクターX』では見事なオペを披露し、『黒革の手帖』、『CICAGO』という強烈なキャラを大胆に演じ切り、いずれもハマり役と評されています。
おまけに、バレエで培った柔軟性と脚線美は、いつも女性の憧れでもあります。

唯一の失敗は、「結婚」

そんな完璧は米倉涼子さんが、唯一失敗しているのが「結婚」です。

米倉涼子 結婚 ドラマ 失敗

2011年冬、米倉涼子さんは行きつけのバーで出会った男性に一目ぼれしたそうです。
二人は付き合い始めることになるのですが、その頃から米倉涼子さんの行動が変わったと周辺の友人が漏らしています。

どうやら、その彼は、米倉涼子さんの性格やファッションを全否定したり、門限を決めたりなどの行動制限をする男性だったようで、気に入らない事があると激怒したり、ある時は一晩中5時間も正座で説教されたそうです。また、米倉涼子さんの首を絞めるなど、歪んだ関係から、結婚直後に別居し、その後2年近くも離婚問題に悩まされていました。

米倉涼子さんは、モラハラ男性との関係で、大変な時期があったことから、男運に関しては「失敗しちゃった」のかもしれません。

米倉涼子さんの本当の姿は?

米倉涼子は、実はナイーブ…「自信ない」

私自身が見ていて格好いいと思えるし、未知子は私にとっても英雄です。

米倉涼子さんが、「私、失敗しないので」「いたしません」と強気で言い切る役どころを見ていると、米倉涼子さん自身も強気な性格なのではないか?と思ってしまいますが、実はそうではないようです。

失敗しないと言えるのは凄いこと。私はそんなに自信がない。

『ドクターX』のゼネラルプロデューサーの内山聖子さんも、米倉涼子さんのことを「実はもの凄く小心者」と明かし、「(これほどのまでのキャリアがあるにもかかわらず)共演者との顔合わせや会見に出る前などに、緊張して震えているところを見ますよ。よく不安そうにしています」などと話しています。

さらに「大胆そうに見えるけどナイーブなところがある。繊細さと大胆さを持ち合わせていて、それが彼女を強くしているし、良いところでもあると思うんです」とし、姉御肌でもなく、同業の女性タレントの相談相手になるなどではなく「甘えっ子」と評しています。

また、 所属事務所のマネジャーは「内々のメンバーで食事に行っても、率先して注文を取ったり、料理を取り分けたり、細やかな気遣いをしてくれます」「世間で思われているイメージよりも女性的です」と証言しています。

阿川佐和子に漏らした「私、失敗したくないので」

米倉涼子 結婚 ドラマ 失敗

TBS系『サワコの朝』最終回のゲストとして登場した際も、米倉涼子さんは、阿川佐和子さんに意外な本音を漏らしました。

とにかく自信がない。
70%くらいの人は、私を好きじゃない。
私はハミ出し者だって思う癖がある

など、気弱な発言を連発し、さらに、

私、失敗したくない”ので・・・

と、慎重で意外な心の叫びをのぞかせた米倉涼子さんに対し、阿川佐和子さんは「否定的すぎる!」と思わず叫んだほどでした。

本当の姿は、気遣いのできる、努力家の素晴らしい女性

米倉涼子さんは、英語やダンスの壮絶な特訓の末に、米ブロードウェーミュージカル「シカゴ」への出演を果たした超努力家です。数秒程度のダンスシーンでも「練習時間を欲しい」と2、3日練習したり、数行の外国語のセリフのためにレッスンに通うくらい、ちょっとしたところでも違和感を感じさせないよう完璧にするストイックな女性です。

『ドクターX』の手術場面では、本職の医師からも好評を得るほど、細部にこだわり演技に臨んでいます。

普段は、大胆にふるまい平然としているように見せ、影では人一倍努力をし、周囲への気遣いも見せるなど、強烈な女優魂の女性であることは間違いありません。

新たな女優像確立に「私、失敗できないので」

『ドクターX』は高視聴率を叩き出し続ける一方で、決まり切ったパターンにマンネリ化を感じる人も出てきています。
米倉涼子さんは、自身で仕事を選ぶことができる、所属事務所から独立という道を、今年の春に選んだばかりです。当然、新しい女優・米倉涼子像をうちたてたいと考えているはずです。

「私、失敗しちゃうかも」という、振り切った大胆なセリフ演出も期待できるかもしれません、楽しみですね。